FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ダンナ君と私の始まり・・・①
私と、ダンナ君は今日で出会って3年になる。

ここまで、私達の関係が良い具合に続いているのは、ひとえにダンナ君のお陰であります。

そこで、今日はダンナ君とのはじまりについて書きたいと思っています。←多少のろけが入っているので、" "(/*^^*)/ハズカシと思う人は、読まないでください。(別に今日が記念日という事でもない)

書いている本人も恥ずかしい。(/ω\) ハジカシー

私が、ダンナ君に会ったのは、2002年3月1日の広島のとあるバーでした。


私は、その日テキーラを3杯も飲まされて(それ以前に結構飲んでいたが・・・)、午前3時ですでに「ご機嫌」でありました。
だいたい、週末の夜は、飲んで、踊って、喋ってで狂い咲きですが・・・。
「のんベイ」と思ったそこの君!!。勘違いするなぁ!!
私は、夜踊りにいくときはそんなに飲まない。「烏龍茶でハイになれる『ゆりだん』で有名なんだから」
その日は、たまたま仲良しのペルー人の「マルチャン」に会って、「俺の酒が飲めねぇのかぁ」といわれて、ついつい飲みすぎてしまいました。

飲みすぎた私は、嫌いな音楽がかかったと同時に、「ゴメーン、これ嫌いだから、ちょっと涼んでくる」と周りの友達から、離れて、あいているカウンターを探していたら、友達の「タコヤキ」がいて、そこが開いているのでその隣へ座りました。

「タコヤキ」とは私が勝手につけたあだ名で、彼はアメリカ人の在住10年の日本語ペラペラで、頭の形がタコヤキみたいだったので命名(スキンヘッドである)

タコヤキの隣に座っていたのが、私の夫になるダンナ君が座っていたのでした。
そこで、タコヤキをはさんでダンナ君と会話を交わして、「出張でオーストラリアから来ているが、食事を一人で取るのがいや」とのたまっていたので、
「夕飯ぐらいなら一緒に食べてあげてもいいよ」とダンナ君に言ったら、
「本当」と喜んでいた。その時タコヤキは「食われないように気をつけろ」といっていたが・・・。

その後好きな音楽がかかって、たぶんS-52だったかなぁ?
「ごっめーん、これ好きだから踊りに行くわぁ。これ携帯の番号」といって席を離れたら、だんな君も「これは好きだ」といって一緒に踊りにいった。

彼の踊っている姿を見て、「絶対、恋愛には発展しない・・・。お食事友達だけだな」と思った。
だって、ダンナ君の踊りって、酔っ払ったくまの踊りみたいなんだもん!!。

続きはまた今度
スポンサーサイト
【 2006/08/11 10:36 】

| 国際結婚・恋愛 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<ダンナ君と私の始まり・・・② | ホーム | 感謝状>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flatbook.blog56.fc2.com/tb.php/10-f5094e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ダンナ君との始まり
ソーいえば、ダンナとの馴れ初め「楽天」にも書いてたのねぇ。でも、今回は一番詳しく書いているんじゃないでしょうか?でも、「しつこいよ」と思われる方は、飛ばしてください。(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!さて、1週間 Geelongの空の下で【 2006/08/14 11:50 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。