スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

マァダ、大分先のことですが・・・。


10月に私達親子(お父さんはお留守番していてね!!)、に、にっ、日本に


里帰りします


それに今回は、お正月も日本で過ごします


ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


こんなうれしいことってありますか???


これから、格安航空券を探す毎日が待っています。



私のいとこが10月に結婚するので、その結婚式出席のため日本に戻ります。


しかし結婚式出席は、口実でしかありません。

コンビニのおでんが食べたい


照り焼きハンバーガーが食べたい


鍋物が食べたい


温泉につかりたい


クリスマスショッピングから開放されたい!!


まだまだあります


日本在住のブログ友達!!


和えたら会いましょうね



どなたか、いい航空会社の情報があったら教えてください


スポンサーサイト
【 2007/04/08 22:50 】

| 日本のこと | コメント(5) | トラックバック(0) |
実家近辺グルメ紀行

今回は、地元繁栄のためのグルメ紀行。


 まずはケーキ屋から・・・。 仁方駅から歩いてすぐの「つぼや」は、地元では一番おいしいのではないでしょうか? ここは、洋菓子と和菓子があり、イチゴ大福は絶品です。


そして、実家に戻ると無性に行きたくなるのが、亀沌のつぼ焼きカレーです。ここでの定番は、トマトカレーにバリバリサラダです。トマトの酸味がカレーに合うのよ


それと、これはお勧めの合歓のバターケーキ!!見た目より重くなく、一人で一個はペロリかも・・・。


そして、夜遊びに目覚めた私はザンパノカフェで入り浸り、レゲエを聞いてポヤァッとしておりました

【 2007/03/05 11:31 】

| 日本のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
おじいちゃん
昨日、母方の祖父が「危篤」だと妹から連絡があった。

両親がオーストラリアに来る前に、おじいちゃんは大動脈瘤の手術をして、退院をして、「アー大丈夫だねぇ」ということで、母は安心して、こちらに渡ってきた。

それが、昨日「危篤」のニュース。

私にとって、おじいちゃんは、私の人生に大いなる影響を与えた人です。
来年80歳になるおじいちゃん。若いおじいちゃん・おばあちゃんが自慢だった私。
そして、一本筋の通った頑固さ、だけどやさしいおじいちゃん。

子供の頃、おじいちゃんと買い物に行くと(タバコを買いにいくとき、一緒についていくときも)、お菓子を必ず買ってくれるので、いつもおじいちゃんについて歩いていました。
だけど、その買い物は、おじいちゃん好みの、「あまったるーい」お菓子も含まれていて、買ってもらうたびに「あーこの菓子どうしよう」と考えていました。

おじいちゃんと私の共通の好みは、地元の商店街の洋菓子店にある、「林檎パイ(アップルパイじゃあだめなのよ)」、よくおじいちゃんが買ってきてくれて、二人でコーヒータイム。
家族のみんなは「よーそがな、甘いもん」とヘキヘキしていましたが・・・。

戦時中は海軍にいて、戦後は駐留軍の所で働いていたので、英語がペラペラのおじいちゃん。彼の影響で、外国映画を観て、外国のポップを聞きました。
おじいちゃんは、パティ・ペイジの「テネシー・ワルツ」が大好きで、よく口笛を吹いていました。
続きを読む
【 2006/12/12 20:54 】

| 日本のこと | コメント(3) | トラックバック(0) |
独身最後の母子旅行
ブログ仲間のShanaさんが「赤穂」のことを書いて、思い出したことがありました。

私は、オーストラリアへ嫁ぐ事になって、思い立って母と一緒に広島から赤穂のほうまでいって、兵庫のどこかの温泉で一泊してきました。

お互い車の免許を持ってないので、旅行会社にアレンジしてもらって、母がいっていた「赤穂の塩」を買いに行き、そこで赤穂の塩を使ったおみやげ物なんかも買ったりした。

大石内蔵助さんゆかりの地なんかも地元のタクシーの人に連れて行ってもらい、宿につきました。

温泉に入り、お宿自慢のお食事もとりながら
続きを読む
【 2006/10/14 08:33 】

| 日本のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
踊り明かした日々
だんなとであった場所も、広島では結構有名は外人バー

私は方向音痴なので、「お気に入り」の場所が決まったらずうっと通い続けます。私はそのバーに大体8年通い続けました。
20代前半から、30代にかけて、エッチラ踊りに通ったわけでございます。

最初のころは、お酒なんて飲めないウブな乙女でしたから、ウーロン茶で朝まで踊っておりました。

まぁ、8年の間に色恋沙汰もありましたが、私はもっぱら踊っているタイプで、あんまり浮いたうわさもなかったし、周りが遠ざかっておったよ。

その店に8年も通えば、レギュラーみたいになって、たまに店のカウンターでヘルパーもやっておりました。

その店は大体70年代の音楽がかかり、私にはちょうどよく、そしてノリノリ!!

しかし通い続けているうちに、なぜか店の有名人になっていたらしい。
「君、先週もきてたでしょ」
「うん」
「一緒に踊ったよねぇ」
「さぁシラナイ」
「アンタ誰?」


私ってシツレイなやつ。
続きを読む
【 2006/08/25 10:18 】

| 日本のこと | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。